備忘録

しわ無し脳みそのために...

教習車 大型(NC750L)と中型(CB400SF)の違い

 昨日、いつもの大型(NC750)から中型(CB400 Super Four)に乗り換えて、その違いを体験するというものだった。さすがに中型は低速トルクが低いなと思いったが、実際にどのくらい違うのかなと興味が沸いてネットで調べてみた。

f:id:tokyo_it:20191214221245j:plain

 大型の教習車は正式にはNC750Lといい、ネットの情報によると「教習時に頻繁に使用する極低速域での操作性と低・中速域での扱いやすさを追求した、力強いトルク特性の直列2気筒745ccエンジンを搭載。教習指導員が見やすい表示ランプ類や、転倒時における車両の破損や損傷を軽減させるバンパー類など、二輪教習に適した特殊装備を付加した自動車教習所専用モデルです。オリジナルのNC750Sよりもシート高が20ミリ低く770mm、ミッションは5段変速になった。」数値を見ると、

最高出力   37馬力 / 5,250回転 レッドゾーンは6500回転から
最大トルク  54N.m (5.5kg.m) / 4,000回転
ミッション  5速
車両装備重量 228kg

ナナハンで37馬力とは意外に少ない感じだが、最大トルクが4000回転からということで、かなり教習所向けの低回転型エンジンということだった。とはいうものの、教習所では2気筒のため超低速回転の時にカーブや段差などで、エンストしやすいともいわれた。元になったNC750Sも同様だが、そのほかにも低重心設計でガソリンタンクも従来のタンクの場所はラゲージスペースで、重いガソリンはフレーム中心部の低い位置にある。

f:id:tokyo_it:20191215151046j:plain

元になったNC750Sのスペックを見てみると、やはり教習車仕様はかなり専用にデチューンしてあるのだろうな、と思った。

最高出力   54馬力 / 6,250回転
最大トルク  68N.m (6.9kg.m) / 4,750回転
ミッション  6速
車両装備重量 218kg

f:id:tokyo_it:20191215143512j:plain


普通(中型)の教習車はCB400 SUPER FOUR(教習車仕様)で、「教習車として扱いやすい出力特性としながら、従来モデルと同様に、運転状況が一目で把握できる見やすい表示ランプ、扱いやすいアップハンドルや足つき性の良い750mmのシート高、適切なステップ位置、破損や損傷を軽減させるエンジンガードやリヤバンパーなど、教習車としての仕様装備はもとより、走行性、操作性など、扱いやすさの向上を追求しています。」とのこと。数値を見ると、

最高出力   56馬力 / 11,000回転 レッドゾーンは13000回転くらいから
最大トルク  39N・m 4.0kgf・m / 9,500回転
車両装備重量 207kg

f:id:tokyo_it:20191214135332j:plain

 なんと馬力はCB400SFのほうがNC750(教習車仕様)より、約20馬力近く上(NC750Sよりも4馬力上)。ただしよく読んでみると回転数は11000とNC750の倍近く。さらにマックストルクは400のほうが小さく、回転数は倍以上。4気筒だけあって低回転域のパワーやトルクはスカスカだった。

 よく読んでみないとわからないものだ。