備忘録

しわ無し脳みそのために...

大型二輪免許挑戦日記 08(第二段階その2)

 この前の木曜日は珍しく19時から予約が取れた。19時が開いていたことは初めてで、多分勤め人が競争でとっているのだろう。自分も会社を定時で上がらせてもらえれば、19時の回にに参加できる。やる気満々でヘルメットをスニーカーをスポーツバッグに入れて、満員電車で顰蹙を買わないよう出勤した。

 ところがそんな日に限って、会社の出がけになってトラブルが発生。もうネットキャンセルができる時間は過ぎており、急いで教習所にギリギリで電話しておねいさんにキャンセルしてもらった。キャンセルの場合は、ネットでは2時間前までに、電話では1時間前までに連絡をしないと、キャンセル料金を2000円とられてしまう。ギリギリセーフだったが、またでっかいスポーツバッグを持って、すごすご家に帰った。

 また一週間以上間があいてしまったが、今日はそのキャンセル分。夕方、女房をパート先に迎えにいって戻り次第、ダッシュで教習上に向かった。ところが現地についてからスマホを忘れたことに気が付いた。ここでは教習原簿の取り出しや配車表の印刷など、スマホなどに内蔵されたICチップを利用する。それを忘れて一瞬困ったが、受付のおねいさんに事情を話したらすぐ手動で原簿をと配車表を出してくれた。

 今日は引き続き、Bのコースを再びやる。前回に懲りてコースのビデオを1.75倍の速度で20回ほど見て、今度はばっちり覚えてきた。

 指導員からは角を曲がる際の幅寄せをしっかりやるように指示があったが、そのほかはおおむね問題なし。Bコースを5回ほど楽しく回って、最後に追い越し体験(30kmで走っている指導員を40kmで追い越す)をやって終了となった。

 次回はシミュレーター、その次はDコースだそうだ。またビデオを見なければ。

大型二輪免許挑戦日記 07(第二段階その1)

 今回は休日出勤の代休の二時間目。ここから二段階に進み、二輪専用コースを出て四輪車と同じ大きなコースに出ることになった。

 第一段階は全5時間(一本橋で1時間延長)で専用コースで二輪車の運転技術の習得であったが、第二段階は全7時間で法律に沿って実際の道路を安全にかつスムーズに通行するという応用練習となる。

 その際使用するコースはBとDの二種類で、二輪教習の手引書に出ている。また教習所からは、デポジット500円を払うと、BとDのコースを指導員が走ったDVDを貸してもらえる。これをコピーしスマホで再生して覚えるようにした。今日の練習は、まずはBからとなる。

 指導員のバイクに二人乗りし、Bコースを回ってポイントを教えてもらう。四輪があまり多くないので、それほどイライラせずに済んだ。走行自体はすでに車やバイクに乗っていることから、あまり難しいことはない。要点は検定用のパフォーマンス走行ができるか、ということ。

 実際に走ってみて難しかったのは、
 ・ウインカーを出したり消したりと、
 ・角を回る時に左端から50cmくらいまで寄せて肘がかべにつきそうな距離で回ること、
 ・そして何よりもコースを覚えるのが大変だった。

 ウインカーについては走るコースが所内なためすぐに次の曲がり角に達してしまい、ウインカー操作が忙しくて間に合わなかったり操作を忘れてしまう。また角を肘がくっつきそうにして曲がるなんて、検定用のパフォーマンス。さらに今日は初めてのため、覚えていたはずのコースを忘れてしまった。習うより慣れろで、数をこなすしかない。

 指導員からは「今日は本気出してなかっただけですよね」なんて妙な具合に慰められ苦笑したが、次回はばっちり覚えていこう。

大型二輪免許挑戦日記 06(第一段階その5)

 まる一週間以上、前回から開いてしまった。夏休みでもないのに、土日は結構混んでいて、なかなか予約が取れない。土日が混むというのは、勤め人が多いということか?

 今日は平日だが、休日出勤の代休だったので一日二時間の教習が受けられた。午前中は、第一段階の最終回。見極め、ということなのかと思っていたが、指導員からは特に何も言われなかった(言われなかっただけで、見極めだったかも知れない)。

 今までの課題を一通りやった。狭路、スラローム坂道発進は大丈夫だったが、一本橋でまだ少しふらふらしていて落ちたこともあって、大丈夫かなと思った。ただ波状路は今まで一回もやっていないし、八の字などもやっていない。やらないのかな。

 終了後、次回は第二段階との話があった。一安心。やっと外に出られる。Bコースを覚えておかないと。

大型二輪免許挑戦日記 05(第一段階その4)

 次は坂道発進だった。クラッチの使い方は十分慣れているので、坂道発進自体はなんともなかったが、今回の指導員の指導の方法があまり丁寧でなく、発進以外の課題をしっかり教えてくれなかった。

 二輪の教習というのは技術的な部分は半分くらいで、残りはまわりに安全運転を行っていますよということをアピールするためのパフォーマンス(演技)をするようなものだ。演技が必要とあらば、それを教えてもらわなければ十分なパフォーマンスはできない。

 そのため今回、初の立ちゴケと相成った(笑)。バンパーが地面に接地したが、意地で乗車したまま脚力だけで元に戻した。

 教習の後、仕事が入っていたので、ダッシュで玄関にいったら武蔵小金井駅行きの送迎車がいてギリギリで間に合った。お陰様で、何とか仕事には間に合った。

 

大型二輪免許挑戦日記 04(第一段階その3-2)

 一本橋が延長になって二回目。入所時のキャンペーンで、今回は3時間分までの延長が含まれるコースになった。学生が多い夏休みにはなかったキャンペーンのおかげで、今回の延長がカバーされた。残りはあと2時間分となる。

 偶然だが落とされたのは同じ日の昼前で、今回はその日の15時からだったので、感覚を忘れないうちに復習ができてよかった。再度、一本橋を繰り返す。

 今度は異なる指導員が付いてくれて、エンジン回転を上げろとあまり言われなかったり、膝および足のつま先をしっかり締めたりハンドルをもっと使いましょうとアドバイスがあったり、渡っている時間を計ってくれた。上手く渡れた時は13秒ほどかかっており、もう少し早くてもいいよと教えてもらった(大型の要件は10秒以上)。

 Youtubeの見過ぎで、上級者のイメージばかりが頭に入り過ぎたかもしれない。自分の渡り方は、傾いた時だけエンジンを軽くあおったりクラッチをチョンチョンと繋いだりするような、トライアルなどで見られるような超低速の走り方だった。半クラッチをずっと一定のまま滑らせ続けるように頑張ってみる。

 目標が高過ぎたことがわかったためか、午前よりリラックスして練習できた。そのためか自分でも
 ・上半身が固過ぎることが感覚でわかったり、
 ・ハンドルをもっと切ることを意識できたり、
 ・無理してエンジン回転を上げなくていい、
 ・もう少しスピードアップしてもいい、
 ・膝とつま先グリップをしっかり、
 ・乗車位置を少し前にする、
 ・ちょっとならリアブレーキを使ってもいい
と思ったら、完ぺきではないものの一本橋から落ちなくなった。

 一時間(実際は50分)が終わってまだちょっとふらふらしていたので、また延長されるかなと心配だったが、指導員からとりあえず次に進みましょう、とのことでほっとした。

大型二輪免許挑戦日記 03(第一段階その3-1)

 今日は一本橋。これが意外に難しかった。この教習所では、一本橋はエンジン回転を上げ気味にして、半クラッチを一定にし、ブレーキを使わずに10秒以上で渡る、というのが推奨方法だそうだ。

 ネット情報などでも、エンジン回転を上げるというのはジャイロ効果もばかにならないという話もあった。理屈はなんとなくわかるが、スロットルを開けて回転を一定に上げた状態を維持するというのが、意外に難しい。上がり過ぎたり、下がったりで、それを気にするとそれだけでドキドキして、一本橋から落ちてしまう。また自分は半クラッチをチョコッ、チョコッと繋げていったほうがやりやすいが、一定でなくては駄目だという。またネットではリアブレーキを使うという情報があるが、ここではブレーキ禁止だという。

 指導の通りやろうとすると、大体失敗して一本橋から落ちる。アイドリングくらいの低い回転数のまま、チョコチョコクラッチとリアブレーキだと、うまく渡り切れる。指導員からは、そのやり方は時間を延ばすことを狙ったもので、指導の通りやってくれと言われた。困ったものだ。

 あんまり失敗したので、もう一時間、一本橋をやり直しになった。

www.youtube.com

大型二輪免許挑戦日記 02(第一段階その2)

 今日は朝から教習。前回と同じく狭路(S字)とスラロームをやる。今日はこれだけで、ガンガン攻め込むとのことだった。

 指導員のバイクに二人乗りし、走り方を教えてもらう。事前にYoutubeなどで概要はつかんでいたが、指導されて印象に残ったのは旋回中の姿勢はリーンアウトにすることだった。自分は意図的にリーンウィズにして旋回していたのだが、このように半径の小さいコーナーの場合では、リーンアウトのほうがよいとのことだった。確かに上半身が立っていると先がよく見え、進路が把握できる。

 スロットルの遊びも個体ごとに違っていて、今日のバイクは昨日のよりも遊びが少なく、スラロームの際のアクセルワークもブワン、ブワン、ブワンと少しずつリズミカルできるようになってきた。

 スロットルで起こせるようになってくると、倒しも安心してできるようなってくる。スピードも少しずつ上がってきた。大型の場合はスラロームは7秒以内という制限があるが、指導のおかげか何とかなった。

 パイロンへの接触もなし。今日だけで2~30回くらいスラロームをやった。230kgのナナハンだけあって、11月にもかかわらずちょっと汗ばんだ。

www.youtube.comwww.youtube.comwww.youtube.com

大型二輪免許挑戦日記 01(第一段階その1)

 休日出勤の代休で半日休みの平日夕方に第一段階、教習初日。プロテクターをつけて、緑色のゼッケンをつけて待つ。第一段階は、四輪のコースとは別の敷地にある、二輪専用のコースで行う。もう一人の初めての普通二輪お兄ちゃんと屋根のあるガレージに連れていかれて、倒れたバイクの起こし方をやる。

 色々な方法があるようだが、ここではバイクの横に短距離走のスタートのように構え、倒れたバイクの反対側に向かって、ハンドルとリアグラブバーを持って、頭をシートにくっつける程低く構えながら「横」に押す方法を指導された。すると引き起こし練習専用のオンボロのCB750F(車重約230kg)があっさり一発で起きた。とりあえず一安心。Youtubeで見た白バイ隊の起こし方は、両手で左右のハンドルを持って左(下)側のハンドルを上に引き、右(上)側のハンドルを横(奥)に押す、というものだった。しかし事前の予習は無駄になったが、60近いオヤジが教習所方式であっさり起きた。指導員も心なしかほっとしたようだった。

 次は半クラッチの練習。バイクはNC750L(教習所仕様)に変わる。壁にくくられたクッション代わりの廃タイヤにバイクの前輪をくっつけた状態で、半クラッチの動力の伝わり方を練習する。自分は免許取得後30年以上、四輪もマニュアルトランスミッション車に乗ってきたので、あっさりOKだった。

f:id:tokyo_it:20191202225340j:plain


 次は小さな二輪専用コースの外周を回る練習。狭い専用コースなので、大型は二速までの使用(普通二輪は3速まで)。これもすぐOK。ナナハン(死語か...)を運転したのは初めて。うれしい。

 次は、専用コース内の狭路(S字コース)やスラロームに進む。倒れたバイクを起こす際のアクセルオンがうまくいかない。割り当てられたバイクのスロットルに遊びが大き過ぎたため。車体がガクガクしてしまい、滑らかなアクセルワークが難しい。これが次回への課題。しかし車体がパイロンに触れることはなかったのがせめてもの救いだった。

大型二輪免許挑戦日記 00 (入所)

 いい年をしながら、大型二輪免許取得に挑戦することにした記録。

 18~28歳まで中型(CB350F、GS400、RZ350)に乗ったが、それ以降は仕事が忙しかったり、結婚したり、子供が生まれたりでまったくご無沙汰だった。しかし1年前に子供の原付を貸りて乗ったらとても気持ちがよく、学生の頃、GS400で北海道一周をした事を思い出した。しかし原付の二段階右折なんて知らずに(昔は指定の大きな交差点だけだった)早々に青切符をもらってゴールド免許が消えたため、今は中古の12年落ちの原付二種の山葉台湾製マジェスティ125にぼちぼち乗っている。

 しかし偶然バイクのTV番組をを見て、ふと思い立って調べたところ教習所によっては60歳以降では入所を受け付けないことを知った。え~!もう目の前だ...。いつの間にか、見事なハゲ、デブのオヤジになってしまっていた。女房、子供のために毎日仕事仕事でストレスの塊なのに、自分の楽しみなんてTVを見るくらい。このまま人生終わらせたくない、とオヤジの悪あがきが始まった。

www4.nhk.or.jp 

 教習所に行くのは20歳で四輪を取って以来だから、もう40年前近い。しかしまだ住宅ローンに教育ローンがのしかかっているため、先立つものはない。まずなるべく安価で、次によい指導をする教習所を探す。

 その結果、東小金井にある尾久自動車学校を見つけた。地元では安い価格帯で、かつ毎月の色々なキャンペーン、およびキャッシュレス還元を組み合わせると、付近にある地域最大手で派手な広告の武蔵境自動車教習所よりも2万円近く安くなった。次に警視庁の平成30年初心運転者事故率を見ると大型二輪を扱っている29の公認教習所中、二輪でトップ(0% 同率8校)、四輪47校でも同率3位(0.12% 同率2校)と安全な指導をしているようだ。なお武蔵境は二輪で19/29位(0.63%)、四輪で26/47位(0.38%)だった。

 尾久に行ってみると、今風のきれいな建物で女子大生がゴロゴロいる武蔵境と異なり、チャラチャラしてない硬派な雰囲気だった(W)。意を決し、受付のおねいさんのところで申込手続きを行った。秋で学生が減ったせいか、キャンペーンで2輪は2000円引き、また6時間分まで予約が取れるスピードコースが無料で選択でき、またWebから事前仮申し込みをして図書券を1000円分もらった。さらにちょうど消費税が10%になった月だったのでカードで5%還元(当時武蔵境は未対応)やカードのポイントを使うなどして実質6万円強で大型二輪教習を申し込んだ。

 四輪の免許は持っているので学科免除ですぐ実習かなと思ったら、まずオリエンテーション(教習の進め方の説明)が一時間と、運転適性検査という性格テストみたいなのを一時間、最初に必修でやらされた。性格テストの結果は一年間保存義務とのことだが、「あなたは運転に向いていない」という結果がでても、じゃあどうすればいいのか。

 さあそれではと思って窓口でおねいさんに聞いたら、教習にも順番がありコンピューター予約システムでみると、1時間目の実習が一週間後しか取れなかった。ただ画面上では空き時間があるのに、予約できないのはがっかりする。今どきはインターネットで予約状況の確認、予約、キャンセルができるので、昔みたいにキャンセル待ちでたむろす、というのはあんまりないようだ。

 出鼻をくじかれ、第一段階の一時間目を予約してすごすご帰ってきた。

マジェスティ125FI 購入5

引き渡し当日は朝からカンカン照りで猛暑だったが、ヘルメットを持って電車で一時間程移動。土曜日だったので、楽しそうな家族連れや観光客などもいた。こちらもワクワクしながら電車に揺られていた。

 

売り手の元に到着し、マジェスティ125と一週間ぶりのご対面。市役所でもらったナンバーをネジ止めし、前回忘れたオイルチェックをした(きれいだった)。バッテリーは弱くセルでエンジンはかからなかったが、キックなら一発でかかり元気なエグゾースト音が響いた。信頼できる売主だったので、引き渡しは以上で終了。

 

さていきなり35キロの自走は、猛暑とも相まってちょっと不安だったが、自宅を目指す冒険の旅に出発した。ちょっと走って気付いたのは、ハンドルがわずか右に曲がっていた。こけた時の名残だろう。何とかしよう。15分程快調に走ったので、スタンドに寄って残りが一目盛りの8リッタータンクに冷たいガソリンを満タンに入れることにした。

 

事前の情報収集で、FI車には高気温下における燃料ポンプ不具合があり、一度エンジンを止めると暫く始動不可になる件で、マジェスティ125を含む多数のヤマハバイクでリコールが出ていたことを知っていたため、不安に思っていた。さらに今年は記録的猛暑で、引き取り日も36度程のカンカン照りで、まさにびったりの条件だった。フルフェイスヘルメットだったので、水も飲めず、人間の方もオーバーヒートしそうだった。

 

早めにガソリンを入れたので、冷たい燃料が入ったポンプは何事もなく元気に動き、エンジンはすんなり再始動した。それからカンカン照りのなかを一時間程、概ね問題なく走ったが、もうひとつの問題がみつかった。台湾の厳しい排ガス規制のためかコマジェは空燃比が薄いようで(電装系の弱さのためとの情報もあり)、信号待ちの際などのアイドリング時に、エンジンが止まりやすいというもの。2回程止まり、それ以降は停車時には軽くエンジンを煽って対応した。

 

その後、自宅近くのコンビニまで一気に走り、弁当を買ってから、エンジンをかけようとしたら、やはり予想通り始動しない。対策品燃料ポンプ交換済みを期待していたのだが、だめだった。家まで400メートル程を130kgの車体を押して帰った。昼過ぎの一番暑い時間で、ちょっとガッカリ。

 

家に着いて一時間程してから再始動を試みたら、セルでもあっさり動いた。正にこれがリコールの症状だろう。高気温になると、燃費ポンプ内のインペラーという羽根車が、気温と動作温度で膨張し、ポンプ内部に接触し動作不能になるというもので、30分から1時間ほどたって冷えて収縮すると動くようになる。

 

ただしネット情報だと、純正の対策品交換済みでも同様の症状が再現することがあるという。更にこれはマジェスティ125だけでなく、多数のヤマハ中小型バイクで発生している問題だそうだ。よってネット上には、安価な社外品のポンプが多数出回っている。この純正ポンプはトヨタ系の愛三工業が製作し、大きなリコール(正しくはサービスキャンペーンで、要は文句を行ってきたやつはうるさいから、そいつらだけは無料交換)になった。

 

マジェスティ125はヤマハ本社とは無関係の輸入車なので、リコールであってもヤマハ本社からは門前払いだったそうだ。かろうじてヤマハ子会社のプレスト輸入分のみ、プレスト提携販売店で無料交換になったらしいが、その他多くの平行輸入車は捨て置かれたようだ。ただ困った人が多かったため、交換の情報がネットに多数ある。今年の夏は特に暑いので、最初の対応はこれに決まった。

 

その他に気になった点は、後輪ドラムブレーキがほとんどきかない(よくある問題)、ホーンの音がプ~という情けない小さな音、マフラー内からカラカラと音がする(よくある問題)、マフラーが結局錆びている、ミラーのネジがかなり錆びている、バッテリーが弱いなど。コストをかけず自分でゆっくり直していこうと思う。

 

社外燃料ポンプ

f:id:tokyo_it:20181025224046j:plain